障子や襖で仕切られているだけで、基本的には一室

昔ながらの和風の住まいは、「巨大な一室空間」である

もちろん、そ二に「土地問題」や「住宅問題」などがあったわけではない。最小限にきりつめられたせまい空間に、「わび」の世界があるとかんがえられたからである。結局、この茶室すきや建築から、数寄屋づくりがあらわれ、それがいまも、日本の住宅をつらぬく根本的なデザイン思想となっているのであるから、現代住宅が、なにかにつけて、せまさをかこつのもむりはないのかもしれない。

さて、この「縮小化」と関連して、もうひとつ、日本の物質文化の構造的特色とかんがえられるものに、「軽量化」がある。軽量化は縮小化とならんで、ときにはそれ以上に、私たちの生活を大きく規定している要素である。このことを私たちがつよく実感するのは、外国へいったとき、あるいは外国製品に接したときだ。外国の銀貨や銅貨、ドアの鍵や把手、コーヒー茶碗、椅子、ベッドからバスタオルにいたるまで、いずれもむこうの物を手にすると、ズシリと重い感触がつたわってきて、いささかとまどう。

しかしそれは、かんがえようによっては、日本の物がすべて軽すぎるということである。その典型は箸だ。ナイフやフォークのもつ金属の重量感とちがって、日本の箸は、竹箸でも、ぬり箸でも、みな軽い。中国では、銀や象牙を箸につかうが、そういう伝統は日本にはない。杉のわり箸で、ちょいと「木の芽あえ」の木の芽をはさんで、口にいれてニッコリする、などという図を西洋人がみると、日本人は空気でもたべているのかと、首をかしげることだろう。さて、食事における軽さの象徴が箸なら、住居におけるそれは、さしずめ障子である。
ワンルームから2LDKまで、さまざまなタイプのお部屋が存在するパークハビオ新宿というマンションへの入居をかんがえています。わたしはワンルームを希望です。
ずっと都会の高層マンションに住んでみたくて、赤坂Kタワーで新生活を始めました。30階建てのかなり上層のほうですが、シャトルエレベーターがあるのですぐ移動できますし、窓からの眺めは最高ですよ。
わたしはマンスリー 京都に引っ越してきてしばらく経つのですが、休みになると神社やお寺を巡るのが好きです。せっかく寺社仏閣の多い京都に住んでいるのですから、行かなきゃ損ですよ!
泉佐野市は観光スポットや名所がたくさんあるところですよ!私は泉佐野 不動産屋を経営していますが、もっとたくさんにこの街へやって来て欲しいと思っています。住み心地も凄く良いです。
半年間家政婦さんに来てもらっていますが、食事のメニューは一日おきに洋食と和食を交互に、野菜を多めでという条件でお願いしていますがいつも注文通りの料理で、とても美味しいです。
近々、高級賃貸 マンションに引っ越そうと思っています。一度モデルルームを見に行ったら、あまりに素敵な部屋だったものですから、忘れられなくなってしまいました。


桂離宮などは、その日本の「一室空間」文化の最高傑作のひとつである。モンスーン地帯にぞくする雨の国でありながら、紙一枚をもって「壁」にかえる、という曲芸的な発想を生みだしたところに、日本建築のおもしろさがある、といってよい。さらに、その襖をつくったり、障子紙をはったりするしごとは、建具工ではなく、もちろん大工でもない。

建築の職種でいうと、それは表具工のしごとなのである。建具工と表具工とのちがいは、建具工が木を加工、細工して障子などをつくるのにたいして、表具工は糊ばりで襖をつくり、障子紙をはる。そうすると、コ室空間」が拡大してゆくことができるのも、木と紙のほかに、そこに「糊」があったからである。これを外人がきくと、ますます日本建築が神秘的なものにみえてくることだろう。

新着情報
2013/09/19 注目情報を更新しました。
2013/09/15 新着記事を更新しました。
2013/09/14 巨大な「一室空間」を更新しました。
2013/09/11 支配層の住居を更新しました。
2013/09/09 原始的な連結の方法を更新しました。
2013/09/07 和風住宅の室内を更新しました。
2013/09/06 昔ながらの和風の住まいは、「巨大な一室空間」であるを更新しました。
2013/09/03 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
BIGLOBE不動産Yahoo!不動産高齢者向け優良賃貸住宅/札幌市
賃貸情報や購入・売却の情報を検索できる。賃貸は、ブランド・エリア・路線等から検索することができる。Yahoo!不動産は賃貸マンション・賃貸アパートをはじめ賃貸物件情報が満載札幌市による高齢者向け優良賃貸住宅の、特徴、入居条件、一覧などが載っているサイト。